アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 VolkerFitzpatrick Ltd

位置 英国、ロンドン

セクター 建設:

チャレンジ

効率を改善しながら停電を避ける

クロスレールはヒースローからウェストロンドンをつなぎ、市の中心と東部を範囲とする高頻度、高容量の新しい鉄道路線です。このランドマークプロジェクトの一部として、VolkerFitzpatrick Ltd はイルフォードヤード車両基地の5,000万ポンドの改修を管理していました。当社は新しい側線と建物の試験と試運転を行うために、私たちに臨時電力を提供するよう依頼しました。膨大な数の試験とサービスが実施されるなか、停電と電圧降下は絶対に回避しなければなりませんでした。同時に発電機を常に運転し続けることはコストが掛かりすぎました。このため当社は信頼性と費用効率が高い、無駄のないシステムを設計しなければなりませんでした。 

 

プロジェクト調査ファイル

118 km

ロンドンの新クロスレール路線の長さ

50 M GBP

イルフォードヤードの車両基地の改修費用

深夜12時から朝5時まで

業務を妨げない夜間の作業

ソリューション

必要な時に起動(および停止)するスマートパワー

3台の小型500 kVA 発電機に無停電電源を供給する他の2台の500 kVA 装置を接続することで、当社はオンデマンドで負荷を供給するシステムを造りました。発電機は現場において常に適切な負荷を作るために、自動的に電源をオン・オフします。 

当社チームは日中の業務を妨げないために深夜12時から5時まで設備の納入と据付を行いました。 

発電機が運転を開始すると、エンジニアはリモートオペレーティングセンター(ROC)に戻り、Aggrekoリモートモニタリング(ARM)が送る発電機からのリアルタイムのデータで潜在的な問題を監視しました。 

 

aggreko の違い

お客様の観点から問題を把握。

結果

収益と地域住民に良い知らせ

システムは成功を収め、同時にコストと排出を削減しました。小型の発電機を使用したため、近くの住民にとって重要な問題である騒音レベルも低く抑えられました。 

 

Aggrekoはイルフォードの車両基地における1MVAの発電機の設計と据付に任命されました。この業務の全ての要素がプログラムに重要であり、しかも極めて厳しい日程で完成させなければなりませんでした。自主的な健康および安全要件を厳守しながら、プログラムの契約通りに最短期間内で質の高い据付、試験、試運転を実行する必要がありました。 

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します