お客様 2014 FIFAワールドカップ組織委員会

位置 ブラジル

セクター イベント

チャレンジ

複数競技場に電力と空調を提供

FIFA が2014年のワールドカップをブラジルで開催すると発表したとき、地元住民は大喜びしました。舞台裏ではイベント主催者がこの世界的なイベントの企画を始めました。最新の12スタジアム施設を期日までに建設するにはどうするか?電力を中断なく供給し、リオデジャネイロ国際放送センター(IBC)に適切な放送条件を提供するにはどうするか?数百万人の人々がテレビで試合を観戦し、スポンサーが数百万ドル費やすことを考えれば電力の確実な供給は必須条件でした。

プロジェクト調査ファイル

12

ブラジル各地に点在するスタジアム

40,000 平方メートル

国際放送センター(IBC)のサイズ

50 MW

供給された電力

22 °C

IBCで維持された温度

100

技術者による年中無休のサポート

ソリューション

特別に設計された電力と空調システム

オリンピックに9回、ワールドカップに4回電力を供給した当社はメジャーイベントでの経験が豊富です。私たちはブラジル各地に存在する12スタジアムに電力を供給するために主催者と密接に取り組みました。当社の電力供給を受けた中継放送がLED画面やその他の画面に映し出され、サッカーファンは大喜びしました。

また、当社は国際放送センター用(IBC)の電力システムを設計しました。4万平方メートルのメディアセンターは電力消費の大きい放送設備に6MWを必要としました。さらに、環境を常に22℃に保つために冷房用に2MWを追加する必要がありました。予備としてブラジルの国営電力会社に4MW供給しました。これにより、IBCへの中断のない電力供給が保証されました。

aggreko の違い

当社は意欲的な姿勢と高い受注率を誇る専門家チームにより評価を得ています。

結果

見事に成功したブラジルのワールドカップ

ブラジルに14拠点を有する当社は、このイベントの最適なパートナーでした。当社は、現地ニーズに関する深い理解と国際的な経験を活用し、この大イベントに適量の臨時電力と空調をお届けしました。 

2014 FIFAワールドカップの勝者はドイツだけではありません。私たちに支援されたホスト国は、この規模のイベントを開催できる能力を堂々と証明しました。 

「ワールドカップのようなイベントに参画できる機会はめったにありません。Aggrekoはこの地域で非常に評判が良く、2014ワールドカップは彼らの評判をさらに高めることでしょう。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します