アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 CITIC Pacific Mining

位置 オーストラリア西部、ケーププレストン

セクター 鉱業

チャレンジ

巨大な鉱山用の負荷試験とバックアップ電源

世界最大、そしてオーストラリアで初のマグネタイト鉄鋼石鉱山と処理施設は負荷試験が完了するまで自社の発電所の運転を開始できない状況でした。そして負荷試験には負荷バンクが必要でした。それも多数必要でした。 

私たちが全国から設備を搬入できることを知っていたCITIC Pacific Miningは当社に支援を求めました。彼らは当社に450 MW のガス火力複合発電所の負荷試験を行うほか、建設を続けるためにバックアップ電源を依頼しました。

プロジェクト調査ファイル

450 MW

発電所の容量

14.

負荷バンク

2.5 MW

供給されたバックアップ電源

ソリューション

2.5 MW 電力と14台の負荷バンク 

私たちの役目は12 MVAを供給する14台の負荷バンクを用意することでした。 オーストラリア中のデポから負荷バンクをケーププレストンに集めました。お客様はこれによりオーストラリアの首都に電力を供給できる規模の発電所能力を迅速に試験することができました。 

鉱山建設段階には 処理施設の試運転に1,600 kVA 、鉱山内の鉱石クラッシャーの建設に800 kVA 、プロジェクトの淡水化プラントの取水 ポンプに3,050 kVA など、計2.5 MWの電力も供給しました。また脱水プラントの試運転に13基の発電機を提供しました。

aggreko の違い

資源へのアクセス能力により人里離れた鉱山にも電力を供給します。

結果

450 MW 発電所が試験され、試運転が行われました。

完全に試運転が完了すると、鉱山自体の450 MW 発電所が 鉱山の港および多数の処理施設の電力供給に使用されます。発電所の負荷試験は重要でしたが、当社の14台の負荷バンクはしっかり役割を果たしました。

バックアップ電源はCITIC Pacificの全ての建設作業を助けました。当社の支援により、お客様はこの巨大なマグネタイト鉄鋼石鉱山の最終試運転に向けて前進しました。

「私たちは、この鉱山プロジェクトで人里離れた場所にある大型プロジェクトにも短期間で対応する当社の能力を証明しました。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します