お問い合わせ

お問い合わせ +81 (0)3 6272 4339

Contact Us

お客様 BC Operating

位置 米国テキサス州

セクター 石油とガス

チャレンジ

安価な代替燃料ソースを迅速に発見する

テキスト州西部のBC Operations は電力基盤に限られたアクセスしかなく、16か所ある油井は電力不足で業績不振、または操業停止目前でした。予定される電力インフラの改良は6か月先のため、彼らはその間敏捷でコストパフォーマンスの高い電力を必要としました。

臨時電源には高コストのディーゼル、液化石油ガス、液化天然ガス、圧縮天然ガスを使用できず、残ったオプションは油田ガスだけでした。残念ながら油田ガスは危険な量の硫化水素を含み、ガス浄化の恒久ソリューションはコストが高すぎました。以下の問いが残りました。これらのチャレンジに対し、どのような解決案があるでしょうか?

プロジェクト調査ファイル

10:1

月間エネルギー費用回収率

16

16か所の業績不振だった油井が100パーセントの能力に復活

200 ppm

元のH2Sレベル

0 ppm

希釈後のH2Sレベル

ソリューション

SulfaBate Towersと気液分離器により毒性ガスを資産に変換

現場を評価した当社の技術専門家は、プロセス中、毒性ガスを利用可能な燃料に変換する費用対効果の高い浄化方法があることに気づきました。ガスを浄化するためにSulfaBateタワー、液体を希釈するために 複数の気液分離器が使用されました。この燃料は試験ガスとドライガスをパージするために一時フレア付き発電機に供給され、その後追加の電力を供給する1MW天然ガス発電機2台に入れられました。

追加の電力は8か所の油井のロッドポンプを電気式水中ポンプ(ESP)に切り替え、原油を地上に運搬することに成功しました。このため現場の作業員は新しい油井の掘削を直ちに開始することができました。

aggreko の違い

当社は常に自問自答します:「この場合はどうするか?」

結果

業績不振だった16か所の油井が100パーセントの能力に復活

硫化物レベルはH2S(硫化水素)200 ppmから0 ppmに減少し、追加の燃料がグリッドに投入されたため、水中ポンプが利用可能になり、油井は100パーセントの生産性を取り戻しました。システム全体は1週間以内に設置されました。
これはお客様の 最初の予想を上回り、月間エネルギー費用回収率は10:1と重要なコスト削減をもたらしました。

「Aggreko がフィルタ管理会社のソーシングから電力ソリューションのカスタマイズまで当社の 電力要件を全て管理したため、当初の推定以上に生産を改善することができました。」

Jason Wacker 運用マネジャー ,
BC Operating

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します