お問い合わせ

お問い合わせ +81 (0)3 6272 4339

Contact Us

お客様 オフショアプラットフォーム

位置 米国、メキシコ湾

セクター 石油とガス

チャレンジ

防爆冷却システムの設計

ガルフ湾の石油掘削プラットフォームはパイプライン内を流れるガス温度のために深刻な問題を抱え、減産に追い込まれました。夏の暑い温度と作業を開始した第3油井が主な原因でした。温度に急速な対応が必要になり、お客様が当社に連絡された時、温度はすでに119°F (48.5°C) で安全限度である120°F (48.9°C)まであと1度しかありませんでした。当社の設計提案はプラットフォームサイズ、高圧ガスの流れ、厳しい電力制限、設置面積の狭さを考慮する必要がありました。また防爆設計でなければなりませんでした。

プロジェクト調査ファイル

119 °F

開始時の温度

108 °F

冷却度の温度

7 日間

設置期間

50. %

生産性の改善

ソリューション

24時間運用されるチラーパッケージ

一刻を争う状況だったため、私たちは連絡から2時間以内に行動を起こしました。資源を準備し、状況評価を行い、多数のチラー設備を用意しました。 

当社の技術者はお客様の熱交換機に接続できる閉ループ冷水システムを設計しました。たったの7日間で設計と設置が終了し、ガスの温度は108°F (42.2°C)に下げられ、プラットフォームの増産を可能にしました。全ての設備は輸送前と設置後に要件に対して試験され、当社のスタッフが24時間体制で設備の運用にあたりました。  

aggreko の違い

最小限の作業で困難な状況からの危機を鎮静化します

結果

温度が下げられ、増産が可能になる

速やかな反応で運用可能なシステムが7日間で用意されました。臨時の閉ループチラーシステムは季節の温度変動を管理し、吐出温度を108 °Fと10%下げたため、ガスの流れは50%改善されました。設計は特定の要件とプラットフォームの設置面積に適合し、全設備は防爆仕様でした。臨時チラーパッケージの成功によりお客様は増産を実現し、収益への大打撃を回避しました。

「緊急事態に直ちに反応し、7日以内でパッケージを設置したことにより石油掘削装置と作業員の安全性を保ち、 お客様の収益を高めました。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します