アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 NGL Pumping Station

位置 北米

セクター 石油とガス

チャレンジ

遠隔からポンプをコントロールしながら、排気基準を満たす

中流ポンプ施設はパイプライン内の製品を最終目的地まで移動しますが、エネルギー費用が極めて高いという問題がありました。需給負荷の管理はコスト削減の重要な部分でしたが、人里離れた場所にある施設では24時間体制のテクニカルサポートは可能ではありません。この産業の主なソリューションはポンプのリモートコントロールでしたが、この生産会社もワイオミング州の荒涼な土地にあるポンプをタルサから管理することを希望していました。さらに困難なことには、システムは米環境保護庁(EPA)の排出基準を遵守しなければなりませんでした。

プロジェクト調査ファイル

Tier 4 基準

遵守すべきEPA排出基準

10

使用されたTier 4 準拠発電機

580+ マイル

タルサからワイオミングまでの距離

ソリューション

環境法を遵守する特殊設計のディーゼルエンジン

私たちは有毒物質の排出を規制するEPAの厳格なTier 4基準を考慮する必要がありました。このため、特にTier 4基準に適合するよう設計された当社の発電機10基、燃料タンク4台、変圧器1台が使用されました。エンジンをタルサの制御室に接続するためにSCADA (Supervisory control and data acquisition) ソフトウェアが採用され、ポンプの電源を任意にオンまたはオフにすることが可能になりました。ルイジアナ州のセンターから性能をモニターするために、Aggrekoのリモートモニタリング(ARM)テクノロジーが使用されました。当社の技術者が保守、またはARM通知に対応するために定期的に立ち寄りました。

aggreko の違い

当社の献身的なチームは問題を迅速に予期し、診断と解決を実行します。

結果

大幅な燃費削減と排出基準を遵守

当社は唯一、小型のTier 4発電機を複数使用できる業者でした。また当社の全てのディーゼル発電機はディーゼル粒子状物質および窒素酸化物 (NOx)抑制に関するEPA基準を満たしました。信頼性の高いシステムが設置され、お客様はポンプを遠隔から制御し、大幅なコスト削減を図りました。当社のルイジアナ制御室におけるモニタリングは、ポンプ施設が常に良好な作動条件に保持されるという心の平安をお客様にもたらしました。

「私たちの組織は環境安全衛生(HSE)、電気設計、プロジェクト管理等の全て必要な資源を提供し、信頼性のあるシステムと米環境保護庁(EPA)の排出基準への遵守を確実にする奥深さがあります。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します