お客様 精製所

位置 米国

セクター 石油化学と石油精製

チャレンジ

鉛系ペイント除去にリスクフリーな条件

精製所の大規模改修は容易にできる仕事ではありません。予期しない遅延と危険リスクは時間やコストを消費し、時により人命も危険にさらされます。当社の顧客は事故の無い改良と環境・安全性問題の報告ゼロを目指していました。このため彼らは業務開始前に不快で潜在的なリスクをはらむ仕事を必要としまいた。鉛系ペイントを彼らの大型容器から除去し、溶接プロジェクトを完了しなければなりませんでした。  

過去、この問題には他の業者も取り組みましたが、ほどんど成功しませんでした。精製所は当社にこの仕事を改善し、通常の営業時間に行うことを依頼しました。

プロジェクト調査ファイル

150

容器の表面温度

90°F-85°F (29.4℃-32.2℃)

維持された作業温度

0

安全と環境事故

ソリューション

巨大な冷却済みテント内で容器にシーリングを実施

私たちは点検整備が計画通りに実施されるように、 精製所のメンテナンスチームと密接に連携しました。大型テントの中で容器を急速にシールし、必要な電力ともに70トンの冷却用にダクトを取り付けました。産業用エアコン装置がダクトを通して冷たい空気を供給しました。空気を効率的に分配するために、通気孔が加えられたダクトがテントの中に取り付けられました。システムは高性能粒子捕捉(HEPA)エアフィルターを通した空気と調和されました。これによりテントを密封しながら多少正圧を保ち労働条件を最適化しました。

aggreko の違い

複雑な問題に取り組む専門知識と設備を有します。

結果

100%事故なしで日程を守る

システムは精製所の通常の作業温度、85–90°F(29.4-32.2℃)を維持しました。冷却することで環境・安全問題を起こさずにペイント除去と溶接プロジェクトを実施できました。当社の推定では通常の営業時間にペイントを除去することで、お客様はレンタル装置費用の8~10倍を節約しました。またこれにより、お客様の点検整備の日程を守ることができました。

「あまりにも感心されたお客様は、ソリューションが必要な時は繰り返しお問い合わせくださいます。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します