お問い合わせ

お問い合わせ +81 (0)3 6272 4339

Contact Us

お客様 主要な製油所

位置 関西地区

セクター 石油化学と石油精製

 

チャレンジ

台風が直撃した製油所における生産を迅速に再開する

2018年9月、過去25年間で最大の台風と言われたチェ―ビー台風が日本に上陸し、輸送機関、住宅、産業ビルなどの重要なインフラストラクチャーに洪水と致命的な被害をもたらしました。

当社の顧客の関西地区の製油所も被害を受けました。 接触分解プロセスに冷水を供給する4台のうち3台のクーリングタワーが被害を受け、生産が停

しました

製油所のエンジニアリングチームは被害を調査し、修理に7週間かかると予測しました。 生産停止による潜在的な損失は5,000万米ドルと予想され、しかも最終製品であるp-キシレンの市場価値が高い時に被害が起こりました。 顧客に甚大な影響を与えると思われました。

 

プロジェクト白書

30 ºc

の冷却水を石油精製プロセスに供給

6 台の

GT20 クーリングタワー

30 日間

で納入と設置を行いクーリングタワーを置換え

2000 トン/時間

の冷却水を石油精製プロセスに供給

25 億円

の収益を取り戻す

 

ソリューション 

週間以内冷却ソリューションを用意する

 

過去、このお客様にコンサルテーションを行ったAggrekoは、冷却ソリューションをお届けする会社として真っ先に選択されました。

お客様はまず状況調査のために当社に電話されました。当社チームはお客様の品質、スピード、複雑で包括的な技術ソリューションの要件を満足するソリューションを速やかに策定しました。

当社チームはソリューションの合意後20日以内に最新のGT20 クーリングタワーをドバイ、中国、東京から航空貨物、海運、陸運を利用して関西地区へ輸送する物流オペレーションを開始しました。 当社の物流能力を証明する機会でした。 合計6台のクーリングタワーが最初の接触から27日以内に設置され、石油精製プロセスに1時間当たり 2000トンの冷却水を供給しました。 専門知識と設備をフルに活用し、製油所の要件を遵守する30℃の温度に水を冷却しました。

AGGREKO の違い

立ちはだかる難題にも解決法を提案・実現します

 

結果

当社の産業におけるグローバルな存在と経験が30日以内のソリューションの展開を実現し、損失を50%カットしました。

 

当社設備のモジュラーコンセプトの設備は暫定的なソリューションを配備して操業を継続するため、収益の損失を食い止めることができます。 またコンパクトな設備設計のために、損害を受けた既存のタワーに隣接する現場の狭い空間に設置でき、お客様の他の業務に影響を及ぼしません。 これにより生産を続けならが、クーリングタワーの補修を継続することができました。

当時、p-キシレンの市場価値が非常に高かったため、お客様は被害を最小限に食い止め、機会を最大活用されました。

 

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します