お客様 米国南部の精製所

位置 米国

セクター 石油化学と石油精製

チャレンジ

診断と燃料温度上昇をストップ

ある米国の精製所はディーゼル製品が適切に冷却されないことを発見しました。この会社は最初、熱交換器が故障したと考えました。生産計画に影響を及ぼさないために彼らは交換器の交換によりプラント全体の操業を停止せず、また交換器に通すディーゼル量を減らさないことを希望しました。

彼らは追加の冷却能力があれば解決すると考え、私たちに400トンの閉ループチラーを持ってくるよう依頼しました。しかしそれは問題を解決しませんでした。

プロジェクト調査ファイル

400 トン

チラー能力

OTC

還流冷却

ソリューション

400トンチラーと還流冷却 

400トンチラーが解決にならなかった時、私たちは当社の専門家に状況を評価させることを提案しました。データの見直し後、私たちは散水を冷却塔に戻して通過させるという独特な対策を推奨しました。

これは異例なアイデアでした。というのも95%の場合、閉ループチラーは最も効率的な方法だからです。しかしこの場合、私たちの計算は他のオプションが必要なことを示していました。当社の推薦が承認され、システムは還流冷却(OTC)用に設定されました。この方法が効果を出し、ディーゼル温度は安全なレベルまで下がりました。

aggreko の違い

専門家のアドバイスで適切な解決法の特定を支援いたします。

結果

継続的な問題に独特なソリューション

当社のエンジニアと設計チームの急速な反応と独創的なアプローチが、困難な継続問題で悩んでいたお客様を救いました。結果、お客様は追加の冷却装置のコストと交換器を交換するための操業停止を回避することができました。その代わりに精製所は迅速に完全な生産性を取り戻しました。

「当社は精製所の冷却問題を解決する技術面の専門知識および現場でのスコープ研究などの追加サービスにより選ばれました。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します