アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 原子力発電所

位置 米国、ミシガン州

セクター 電気、ガス、水道

チャレンジ

熱波の中、タービンビルを冷却する

外部では記録的な熱波が襲い、内部ではエアコンシステムが停止され、ミシガン州の原子力発電所のタービンビルの状況は切迫していました。仕事するにも暑すぎる状態でした。しかし、作業者は計画された改良作業を実施しなくてはならず、またエアコンのスイッチを入れることもできません。典型的なキャッチ22の状況でした。 

安全マネジャーを満足させるレベルまで内部の温度を下げるために、プロジェクトチームは冷却スペシャリストに連絡しました。 

プロジェクト調査ファイル

34 日間

プロジェクト期間

>800 メートル

ホースとダクト

18.3 メートル

タービンの高度変化

ソリューション

広大なビルに柔軟な修正

原子力発電所のタービン施設の冷却は容易な仕事ではありません。ミシガンのこの3階建ての建物には余剰スペースがほとんどありませんでした。約18.3メートルの高度変化と約91.4メートルの空気と水の移動に対処しなくてはなりません。  

スペース問題を修正するために、私たちはチラーとポンプを外に設置しました。その後、この広大な建物の中で冷却された空気を循環するために、各階に800メートル以上のホースとダクトおよびエアハンドラーとブースターブロアが使用されました。安全な作業レベルまで温度を下げる効率的なシステムでした。 

aggreko の違い

最も暑い場所にも臨時冷却システムを設計します。

結果

冷却状態でメンテナンスを予定通りに実施

プロジェクトチームが安心したことには、当社が連絡を受けた時からこの業務完了まで34日間しか掛かりませんでした。メンテナンスと補修業務を行うために、タービンビルの全ての作業場所が冷却されました。計画された操業停止は予定通りに安全に実施されました。 

「タービン施設のあのような温度で働くことはできません。問題を修正することで、原子力発電所はコストがかさむ操業停止を回避できました。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します