アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 ミャンマー電力公社(MEPE)

位置 ミャンマー、ミンジャン地区

セクター 電気、ガス、水道

チャレンジ

乾季における水力発電の代替手段

ミャンマーは急速に変遷しつつあり、燃料開発に信頼性の高い連続的な電力に依存しています。70パーセントの電力は 水力発電により供給されるため、10月から5月の乾季には問題が生じます。ミャンマー電力公社(MEPE)は、暫定発電所を設置し、乾季およびそれ以降に当発電所を運営するパートナーを探していました。.競争入札後、MEPEはMyingyan地区に連続的な電力を供給するパートナーとして当社を選びました。

プロジェクト調査ファイル

70 %

ミャンマーの水力発電からのエネルギー

95 MW

緊急に必要な暫定発電所

120 日間

プロジェクトの完成まで

77 %

ミャンマー人の従業員

ソリューション

120日間で暫定発電所を実現

これは極めて困難なチャレンジでした。プロジェクトの規模のために、世界の12拠点から陸上、海上および航空手段を通して設備を用意する必要がありました。物流チームは設備を税関に通し、困難な道を乗り越えて期日までに納入しなければなりませんでした。 最後にMEPEとの協力のもと、中国-ミャンマーパイプラインの天然ガスを効率的な燃料源に変換するために、高圧還元システムが設置されました。 

aggreko の違い

地域社会に投資し、グローバルスタンダードを高める。

結果

年間を通して供給される電力と高いスキルを持つ地元の労働力 

プロジェクトは開始から終了までたったの120日間で完成しました。MEPEと当社の発電所チームにとって大きな達成事でした。しかしながらミャンマーにとって重要な電力供給は目標の一部でしかありません。MEPEは現地の人々の雇用、訓練の実施、発電所による雇用と地域社会における機会創出を実現するパートナーが必要でした。Aggrekoはこれに関して定評があります。Myingyanの77パーセントの従業員がミャンマーの人々で構成されるため、発電所はさまざまな意味で経済成長に貢献しています。

「私たちは大規模な暫定電力プロジェクトにおける証明された豊富な経験、遠隔地でも高い水準の業務を遂行する能力のためにAggrekoを選択しました。私たちはAggrekoとともにインフラ開発による地域社会の機会創出に尽力しています。Myingyan臨時発電所の従業員は77パーセントミャンマーの人々であるため、これは確実に可能です。」

U Htein Lwin マネージングディレクター ,
ミャンマー電力公社

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します

メール送信