24 Apr 2017

Aggrekoとヨーロピアンツアー 、6年間のパートナーシップに合意。

ヨーロピアンツアー プレスリリース
 

電力と温度制御の専門家、Aggrekoとヨーロピアンツアーは2023年まで継続する長期パートナーシップに合意しました。

Aggrekoはヨーロピアンツアーの臨時電力と温度調節サプライヤーとして、毎年4回開催されるロレックスシリーズイベントおよび2018年と2022年のライダーカップなど世界中の男子プロゴルフトーナメントにサービスを提供します。

Aggrekoは2017年から2023年までの各年にヨーロピアンツアー、ヨーロピアンチャレンジツアー、ヨーロピアンシニアツアーを含む少なくとも12トーナメントに臨時の発電、配電、温度制御設備および関連設計とプロジェクト管理サービスを提供します。

2017年のヨーロピアンツアーインターナショナルケジュールによると26か国で47トーナメントが開催され、ロレックスシリーズイベント8回、レース・ツゥ・ドバイの全イベント、シーズン終了時にヨーロピアンツアーの優勝者が決定する一連の年間試合が行われる予定です。

ヨーロピアンツアーはその他にチャレンジツアーとシニアツアーも管理し、全米プロゴルフ協会とともに最高のチームゴルフ試合であるライダーカップを管理するライダーカップヨーロッパのマネージングパートナーです。

2017年に開始されたロレックスシリーズはヨーロピアンツアーインターナショナルスケジュールのプレミアムトーナメントの一つです。世界で8トーナメントが開催され、最低賞金金額は7万USドルです。

ヨーロピアンツアーの最高商業・マーケティング責任者であるNathan Homerは以下のようにコメントしました。「Aggrekoとのこの新しいパートナーシップは、私たちが成長と革新を推し進め、プレミアムロレックスシリーズのような重要なトーナメントを開始する時、ビジネスから複雑さを取り除きます。」

「30か国以上に拠点を有するAggrekoは、野心的で信頼のおける会社で、ヨーロピアンツアーの世界的展望に最適です。次の6年間、両社の発展に貢献するために提携できることを楽しみにしています。」

Aggreko イベントサービスのマネージングディレクター、Robert Wellsはこう述べています。「ヨーロピアンツアー史上で最もエキサイティングな時に長期パートナーシップを組むことができ、喜ばしい限りです。」

「ヨーロピアンツアーがロレックスシリーズとその他の主要な計画を開始するにあたり、当社は唯一の臨時電力と温度調節サプライヤーとして最高レベルのサービスをお届けする所存です。これはAggrekoとヨーロピアンツアーとの関係に重要なマイルストーンを記すものです。当社は将来、この名誉あるツアーの一部として参加できることを光栄に思っています。」

Aggrekoは1年に4回のロレックスシリーズにサービスを提供いたします。BMW PGAチャンピオンシップ、HNA オープンドフランス、ローリー財団法人が主催するデバイ・デューティーフリー・アイリッシュオープン、アバディーン・アセット・マネジメント・スコティッシュ・オープンおよびSky Sports 後援のポルトガルマスターズとブリティッシュマスターズ、セルゲイ・ガルシアが主催するアンダルシアマスターズにサービスを提供いたします。

またこの契約にはチャレンジツアー年1回、シニアツアーイベント年3回、ライダーカップのホームトーナメント2回、2018年にフランスで開催されるル・ゴルフナショナルと2022年にイタリアで開催されるマルコ・シモン・ゴルフ・アンド・カントリークラブが含まれます。