エネルギー転換の最前線

私たちはお客様、従業員、パートナーとともにエキサイティングな旅へ旅立ちます。

最終目的地: 2050年までに
提供する全てのサービスでネットゼロビジネスを実現します。

そのためには、今後10年間で3つの大きな目標を達成する必要があります。 2030年までに、Aggrekoは:

  • お客様が現在使用されている燃料と同等またはそれ以上の信頼性と競争力を保証するクリーンな技術と燃料をお届けし、顧客向けソリューションに使用されるディーゼル化石燃料の使用量を50%削減します
  • 地域の大気汚染物質排出量を50%削減します(ディーゼル、ガス、その他の燃料からの全ての排出量を含みます)
  • 弊社内部の事業活動からの排出量に関し、ネットゼロを達成します

私たちの戦略はよりクリーンな未来を見据えていますが、実際にはかなり前に最初の一歩を踏み出しました... 

  • 廃ガスをエネルギーへ変換し、
  • 弊社のレンタル機器に電池貯蔵と太陽光発電を追加し、
  • 発電機からの排気量を削減する革新的な技術を開発しました 

今から2050年までにさらに多くの試みを手掛けます。 世界中でクリーンな液体 燃料とガスに適応するレンタル機器に転換し、エネルギー革新を後押しします。 またネットゼロ目標を達成する手法として、E燃料、水素対応エンジン、燃料電池など、多数の方策を検討しております。

この新しい戦略は野心的ですが、達成不可能ではありません。 私たちの有する経験と専門知識を基盤とし、弊社および顧客で発生する環境負荷の削減に完全に 対応することができます。

私たちと一緒に、より環境に優しい未来に向かって歩みましょう。

詳細はこちら