お問い合わせ

お問い合わせ +81 (0)3 6272 4339

Contact Us

お客様 食品加工工場

位置 米国

セクター 食品と飲料

チャレンジ

CO2が不足し、新しい冷媒が必要になりました 

ある食品加工工場は12年以上、低温冷却を二酸化炭素に頼っていました。二酸化炭素は食品産業に人気の冷媒です。環境にやさしく、毒性がなく、不燃性です。最近まで安価な材料でした。しかしながら、ガス精製所の副産物から供給される化合物は、精製所の操業停止により足りなくなりました。不足が価格を上昇させ、供給に影響を及ぼしました。

工場はもっと信頼できる冷却冷媒が必要になりました。彼らは プロピレン・グリコールを試すことを考えていましたが、生産性の低下や冷蔵庫に保存されている食品の損害を懸念していました。彼らには信頼できる試験システムが必要でした。 

プロジェクト調査ファイル

2 か月

試験期間

最高80万ドル

年間の節約額

80 パーセント

取り替えられたCO2

ソリューション

熱交換機と30トンチラーが試験を合格する 

私たちは既存プロセスの後流でプロピレン・グリコールを試験するために呼ばれました。臨時試験システムはこの会社が新しい冷媒設備に投資する前にプロピレン・グリコールの性能を試すものです。

2か月の試験期間中、グリコールを指定温度範囲に保持する必要があります。私たちは精製所グレードの熱交換機とマイナス15°F (マイナス26°C)に到達可能な30トンの低温プロセスチラーを使用してこれを達成しました。そして水タンク、ポンプ、アクセサリーなど彼らが必要な設備を全て提供しました。

aggreko の違い

当社の設備は顧客のニーズに合うように適応できます。

結果

最高80万ドルの年間節約 

プロピレン・グリコール試験は承認を受け、食品加工会社は80%の二酸化炭素を取り換える自信を得られました。これにより年間600,000 ~ 800,000ドルのコストを削減できます。  

大幅なコスト削減の他、この切替は食品加工会社に素晴らしい結果をもたらしました。二酸化炭素の供給を漸減しながら、彼らは簡単に利用できる冷却冷媒で最高の生産性を維持しました。何より彼らが生産する食品を完璧な温度で安全に保管できることが重要でした。

「私たちは、生産を中断せずに既存のシステムと同時に作動する試験システムを考案するためにお客様と密接に取り組みました。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します