アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 Cofely Axima Réfrigération 

位置 ベルギー

セクター 電気、ガス、水道

チャレンジ

チラー用に複雑な試験環境を作る 

原子力発電所は安全な運転を維持するためにチラーに依存しています。このため、新しいチラーを試運転する前に完全な試験を行うことが重要です。工場受入試験(FAT)は重要なマイルスストーンです。

ベルギーの2つの原子力発電所、Doel とTihangeは23台の原子力チラーを新しい発電所、Aximaからのチラーと取り替えるところでした。承認されるためには、Aximaは地震テストや厳密な熱試験を含むFAT試験にチラーを提出しなければなりません。Aximaはレンタル試験設備の設定と試験条件の管理のために当社に連絡しました。

プロジェクト調査ファイル

23

試験を行るチラー台数

380 V

30パーセント+/- まで調節可能

24/7

現場での運用

ソリューション

原子力発電所の条件を再現

原子力発電所で稼働させるチラーの試験環境設定は非常に複雑です。私たちはAximaの各チラーに完全な熱負荷を供給する自律インストレーションを考案しました。Aggrekoのチラー装置はコンプレッサーに排出された熱を冷却しました。またシステムは周波数駆動ポンプを使用して容易に調節可能でした。 

円滑な試験実施を確認し、必要な時にセットアップを適応させるために、Aggrekoコントロールシステムモジュールに特別なプログラムを用意しました。また調整可能な電源としてディーゼル発電機を供給しました。

aggreko の違い

物流、試運転、24時間体制サポートの完全なパッケージ。

結果

レンタルセットアップで大幅にコストを削減

当社は試験環境の設計からセットアップ、また24時間体制のサービスとサポート提供など全てに対応しました。FATの複雑さを考慮すれば、Axiamが原子力発電所で稼働するチラーの準備という重大なステップに外注を利用したことは経営上、賢明な決定でした。  

「私たちは試験プロトコルに精通し、チラー稼働に必要な要件を知っています。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します