メインコンテンツにスキップします

データセンターを冷却し続ける

クライアント: 大規模な原子発電所

位置: 米国

セクター: 電気、ガス、水道

チャレンジ

失敗できない冷却

すべての設備にはメンテナンスが必要です。しかしこと原子力発電所に関する限り失敗の余地はありません。 このため構成品冷却水(CCW) システムのバルブに補修が必要な時、お客様は私たちに連絡されました。CCWは使用済燃料プール(SFP)を特定の温度に保つために使用されますが、これを補修するにはCCWを使用済み燃料熱交換機(SFPHX)から遮断しなくてはならないため、SFPを冷却するものがなくなってしまいます。

停止時間は許されないため、 CCWが不稼働中、SFPHXから1時間当たり最高26 MMBtu/h(百万英熱量毎時)を除去しなくてはなりません。これは容易な仕事ではありません。 もう一つの問題にスペースがありました。設置面積が限られていたため、使用するシステムはコンパクトでなければなりません。  

プロジェクト調査ファイル

SFP 冷却はいかなる時も停止することはできません。 100% 重要
除去が必要な熱量 26 MMBtu/h
臨時の使用済み燃料プール冷却装置 2
構成品冷却水(CCW) システムのメンテナンス期間中 ゼロ 停止時間

ソリューション

2部からなる完全システム

当社は冷却装置、発電機、冷却塔、燃料タンクとポンプ、その他の構成部品を持参し、 CCWメンテナンス中、スムーズかつ安全にプロセス用の臨時の使用済み燃料冷却システムを構築しました。

限られた設置面積を補うために、個別に動作し、必要な時は100%の負荷にも耐える2台の小型装置でシステムが構成されました。これらの装置は工場から道路の向かい側に水を送るために、送水管を使用して数百フィート離れた場所に配置されました。

結果

停止時間なしの通常通りの操業

このプロジェクトは停止時間を必要とすることなく成功を収めました。補修が完了したCCWが再び作動されると、臨時の冷却システムがすばやく解体され、通常通りの操業が継続されました。  

2016Nov-dubai-sewa_site-sharah_water-technician-sunset-utilities
「Aggrekoの産業ノウハウ、設備の信頼性、注意深い計画策定とチームワークはデータセンターの顧客にすばらしい結果をもたらしました。」