お問い合わせ

お問い合わせ +81 (0)3 6272 4339

Contact Us

お客様 Electricidade de Mozambique, Eskom and NamPower

位置 モザンビーク、レッサーノガルシア

チャレンジ

三国への急速な電力供給

急速に開発が推進される地域では電力の供給が追いつかない所があります。モザンビークがその例です。この国には自国はおろか近隣国に輸出するほど豊富な天然ガスが存在し、供給を増加するために新しい発電所が必要でした。このため、モザンビークの既存の天然ガスパイプラインの一つを増強し、暫定の発電所を迅速に建設するアイデアが提案されました。この発電所を通して9国の南部アフリカの国々をグリッドで接続する南部アフリカパワープール(SAPP)に電力を投入することができます。 

プロジェクト調査ファイル

20 週間

設計から試運転まで

110 MW 発電所

500 MVA の変電所を含む

1.2 km

ガスパイプラインの長さ

2 km

275 HV 送電線

ソリューション

20週間で試運転を開始する設計

当社は地域のパートナー、Shandukaとのコラボレーションにより、開始に理想的な場所ーレッサーノガルシアにあるメインパイプラインの既存の取出口と未使用のガス採掘権を発見しました当社はここからガスを得て、直接SAPPネットワークに供給する暫定のガス燃料発電所を建設・運営することを決定しました。Electricidade de Mozambique(EDM)と南アフリカのEskomの両社は追加の電力購入に興味を示しました。私たちは天然ガスをMatola Gas Company SAから調達しし、Gigawatt Mozambique SAと副採掘権契約を結び、この非常に野心的なプロジェクトに共に取り組みました。

たったの20週間で完全機能の100 MW発電所が建設され、EDMが18 MW 、Eskom が92 MW購入しました。工場が運転を開始すると、ナミビア国営電力会社、NamPowerがこのプロジェクトに参加し、当社は工場の能力を122 MW 増加した232 MW に拡大しました。  

aggreko の違い

世界初の独立、暫定電力プロバイダー

結果

地域と地方社会の経済開発を支援する

結果として、迅速に立ち上げられた暫定発電所が国境を越えてエネルギーを供給するというこの種類のプロジェクトでは初の試みとなりました。しかし本プロジェクトの成功はこれだけではありません。Aggrekoは事業を展開する地域社会 に貢献する責任を信じています。このプロジェクトも例外ではありません。地域の労働力の雇用と訓練、現地サプライヤーからの調達、地方の学校への資金援助など、プロジェクトは包括的な企業の社会的責任(CSR)およびサプライヤー開発と現地調達(SDL)プランを含みました。このプロジェクトは、次の数年間に100万米ドル以上の資金を地域の雇用、学校、事業に投資します。電力は地域開発を促進し、当社の発電所はレッサーノガルシアコミュニティを長期間サポートします。 

「ナミビアの人々のために電力供給を確保するこの革新的なアプローチは南部アフリカの協力精神の素晴らしい例です。」 

Paulinus Shilamba マネージングディレクター ,
NamPower

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します