アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 東京電力ホールディングス(TEPCO)

位置 日本

セクター 電気、ガス、水道

チャレンジ

破壊的な津波後に緊急電力が必要となる 

2011年3月、マグニチュード9の地震と津波が東日本を襲いました。約23万人が家を失い、推定3000億米ドルの被害が発生しました。この災害は日本の電力供給に深刻な影響を与え、バックアップ電力が直ちに必要でした。2002年のFIFAワールドカップで一緒に働いた経験からTEPCOは当社に支援を求めました。

プロジェクト調査ファイル

9.0.

地震のマグニチュード

200. MW

必要な緊急電力

ディーゼルとガス

使用された燃料ミックス

3. か月

試運転までの時間

ソリューション

3か月以内で200 MWの電源 

私たちは3か月以内に100 MW発電計画を開始し、夏のピーク時に間に合いました。最初の発電装置は常陸那珂のディーゼル火力発電所、2番目は袖ヶ浦のガス火力発電所で運転を開始しました。これらの発電所は住民や産業が直面した電力不足を軽減しました。

aggreko の違い

当社は一番必要な時にメガワット発電装置の設置と試運転を行います。

結果

復興を開始するために回復された電力 

日本は津波と地震による被災地の復興を継続するために緊急電力を迅速に入手しました。当社の発電装置は急速に設置されて運転を開始し、1 MW間隔で容量を増減する柔軟さで消費者と産業に電力を供給しました。

「緊急な復興と救援を要する被災地に電力を供給する重要さを知っていたAggrekoはこの非常事態に速やかに対応しました。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します