アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339

アグレコジャパンオフィス: +81 (0)3 6272 4339 オリ・パラ&ラグビーWC関連: +81(0)3 6810 8340

Contact Us

お客様 GlaxoSmithKline

位置 ベルギー、Rixensart

チャレンジ

臨時冷却システムの仕様を正確に満たす 

医薬品、ワクチン、消費者用ヘルスケア用品のグローバルリーダー、GlaxoSmithKline (GSK)は、Rixensartワクチン製造拠点で冷却システムを交換するために、臨時冷却装置が必要でした。しかしワクチン生産は非常に正確なプロセスを必要とするため、システムにはコントロールと精度が必要でした。

彼らはゼロから50 kW の範囲で電力を保持し、圧力データ測定付きの周波数制御ポンプとワクチン生産環境が厳密なパラメータから逸脱したときに警告を発生するアラームシステムをコントロールする必要がありました。また施設が自然環境に隣接していたため、夜間はシステム全体の騒音を45デシベルに制限しなければなりませんでした。

プロジェクト調査ファイル

45 dB

夜間の最大騒音レベル

50 kW

電力範囲

ソリューション

厳密な範囲でコントロールできるカスケード温度パッケージ

5台の350 kVA発電機とともにカスケード設定に4台のWCHP 250 チラーと2台のWCC 800 チラーが使用されました。

またシステムをコントロールし、出力電力の仕様の遵守を確認するコントローラー専門家が現地に派遣されました。 このチラーと発電機の組み合わせは 最も効率的に必要な電力を供給し、GSKに要求される正確なコントロールを確保するために選択されました。

このシステムは培養ワクチンが厳密なパラメータを逸脱した時に顧客に通知するアラームシステムに接続されました。

aggreko の違い

私たちは革新的なアイデアで問題を解決します。

結果

すべての仕様を満たし、コスト削減を実現しました 

すべてのパラメータを守っただけではなく、このチラー設定とデザインにより総合的な電気消費が抑えられたため、工場のエネルギーコストを削減しました。

効率的に指定要件を満たし アラームシステムを維持することで、お客様は恒久的な冷却ソリューションの交換中も安全なワクチン生産を継続できるという心の平安を得られました。騒音も指定された45デシベルレベル以下を常時維持しました。

「当社は要求されるパラメーターを全て守り、総コストとエネルギーコストを削減する能力のために選ばれました。」

お客様のニーズをお知らせください

お客様にぴったりの設備をご案内します